土地探しで特に重要なこと

注文住宅は土地探しから徹底する必要があります。住みたいエリアであること、予算内で購入できることなどは重要なポイントです。例えば単身赴任で新天地に勤務し、その土地が気に入って注文住宅を建てるという人は意外と多いです。資金計画も十分に練っておく必要がありますが、予算だけで決めても失敗するケースが多々あります。大切なのはエリアと予算のバランスであり、まずは住みたいエリアを決めてから購入できる物件を絞っていくのがおすすめです。土地探しは不動産会社に丸投げせず、施主が現地に出向いて物件を確認して決める必要があります。その土地に注文住宅が建てられた状態をイメージし、快適な生活を送られるかシミュレーションしてみましょう。

住宅設計をしてから土地選びを

土地面積をフルに活用して注文住宅を建てられるわけではありません。いざ家を建ててみたら、思いのほか狭くて後悔したという話は少なくないのです。土地選びをする前には、理想の間取りをイメージしておくとスムーズになります。例えば平屋の注文住宅を建てたいのであれば、二階建てよりも広い土地が必要になるでしょう。逆に三階建ての狭小住宅にするならば、土地が狭くてもカバーできます。

土地の形状が不規則な場合は、注文住宅も土地の形状に合わせた設計にする必要があります。土地価格が安すぎると感じる場合は、何らかの理由があると考えるべきでしょう。例えば日当たりが悪い、騒音が激しい、地盤が弱いなどはよくある問題点です。安さには理由があり、お買い得物件はないと考えるのが土地選びで失敗しないコツです。

一戸建て住宅のメリットは、多くの場合庭付きで、プライバシーも守りやすい点でしょう。一方で集合住宅と比べ、外部から侵入されやすく、防犯面では劣後すると言われます。